忍者ブログ
今年の河津桜の開花は早そうです。
蕾がこんなに膨らんでいます。場所は稲毛海岸駅前イオンの
河津桜です。20日ごろには咲くのではないでしょうか?
このところ一寸寒くて足踏みですが明日から温かさが戻るとの事。



去年の開花が3月には行ってからですから。

20年2月9日河津桜情報
19年2月26日河津桜開花情報
稲毛海岸からの富士山
ご隠居写真家Facebook
写真販売最近情報
PR
花見川河口に飛来しているお鳥さんたち10月2日のは冬の渡り鳥ヒドリガモを
見かけましたが、主にウミネコでした。ニアーニャーと言う泣き声が沢山聞こえました。
10月28日にはその泣き声がピーピーに変わり白い鳥はユリカモメに変わっていました。
検見川浜の岸壁沿いにはヒドリガモ、沖合いには潜水しても餌の取れるキンクロハジロが
確認できました。未だオナガガモは確認できません。稲毛海浜公園の池には未だ飛来確認
出来ていません。今稲毛海浜公園の池にはカルガモの家族と松の木にアオサギが来ています。



検見川浜で綺麗に撮れたユリカモメの写真です。嘴と足は寒くなると
もっと赤くなります。来年の春北に帰るときは頭が黒い夏毛になります。
10月28日検見川浜から花見川河口渡り鳥
10月2日検見川浜から花見川河口の鳥
年賀状部品
カレンダー作り:自作
写真販売サイト情報
ハローウインが近づきました。散歩でよく良く稲毛海浜公園の
三陽メデフラワーミュージアムではハローウインの飾り付けです。
大きなカボチャが2種類展示されています。野菜のカボチャと
作り物のカボチャです。このカボチャは作り物ですが実に良く出来ています。
稲毛海浜公園の池のほうから入る入り口の角に10月桜が咲き始めています。
ソメイヨシノの様に樹木全体に花を咲かせるかどうか分かりません。
今は未だ数厘ですから咲き始めと思います。



白くなった稲毛海岸には沢山のウミネコ子です。一回り大きいセグロカモメも
混じっています。でもユリカモメやオナガガモなどの冬の渡り鳥は未だです。

三陽メデアフラワーミュージアムハローウイン・10月桜
稲毛海岸や谷津干潟で撮れた鳥の写真
19年稲毛海岸の砂が真っ白に
ご隠居写真家Facebook
写真販売最近情報
9月19日稲毛海岸へ散歩に行きました。
今までの砂は君津の山の砂と聞いています。海岸の貝殻に
昔の貝殻が沢山あります。波に洗われると沢山集まります。
海岸が真っ白です。新たな砂はオオストラリア海岸の白い砂です。
写真に撮りましたがあまり白くは見えません。コンクリートの
砂防石の一角に白い砂と従来の砂が有りました。
その差がわかります。ホームページの中にその写真も有ります。




稲毛海岸の千葉よりに浜昼顔の養生畑が有ります。この畑をはさんで、
東北震災の時千葉市内の土地の中から溢れた砂を集めた山が有りましたが、
この山が2つのも無くなっていました。台風で流れたと考えるより、
白い砂をまく前に海へ流したと考えるほうが自然のように思いました。
しかし千葉市がそのようなことしないでしょう。

19年9月19日稲毛海岸は白い砂
05年7月の稲毛海岸の地形
三陽メデアフラワーミュージアムのコスモス
ご隠居写真家Facebook
写真販売最近情報
台風15号の被害で茨城県行方市の茨城県一のモッコクが倒れました。
明治時代の落雷で上の方は枝が有りません。
モッコクの高さが9m太さが6m中々見ごたえのあるモッコクでした。



今回の台風は東京湾に入り富津・君津・木更津・市原と影響を残して千葉湾に上陸。
その後茨城に進み沢山被害を残し太平洋に抜けました。

茨城一のモッコク倒れる
鹿島神宮
PREV ← HOME → NEXT
忍者ブログ [PR]
 △ページの先頭へ
Templated by TABLE ENOCH